Top
賛否両論

可愛い家族の食事に悩んだことはありませんか?

64020_143846675768243_945822095_n.jpg

わがやはこんな風に今は手作り食になってます。
基本スタイルはおじや系もしくはスープ系ですね。この日は炒飯ですけど・・・・

IMG_6256.jpg
↑の写真はイメージです

ぷりんやこはると暮らし始めた当初は当たり前のようにカリカリフード。
一般的に知られている総合栄養食です。

これが娘たちにとって一番相応しいごはんだと信じてましたから・・・
「人間の食べるものを与えてはイケない!!」とずっと思ってましたし、、、

そしてこはるが成長するにつれ皮膚病(アレルギー)を発症。
夜中、枕元で痒そうに後ろ足で首や脇腹あたりを掻いてるのを見てると可哀想ですし
本人も眠れませんが私達も眠れません。
ひどい日は朝に掻きすぎて瘡蓋になってる箇所を発見したこともあります。
病院で診察を受けアレルギー検査を実施してもらうと食物アレルギーが幾つも見つかり
フードをアレルギー疾患用の療養食に切り替え、更にサプリメントで治療することに・・・

すべてのアレルゲンを除外した療養食でないにしても何らかの改善が見受けられると
信じて続けたんですが劇的な改善も見受けられず焦るばかりです。

被毛は少し脂ぽい感じがするのに痒がってしかも体臭も・・・

それからずっと二人に合うフードジプシーとなり、、、、、

そんな矢先に出会ったのが「ペットの手作り食」の講座でした。
初回講座を受け、手応えを確かに感じすぐさまペットの食育2級認定講座を受講。
やっとこはるの体質改善ができるとその時確信したほどです。

手作り食を始めた当初は娘たちも戸惑い、毎回完食とは正直言えない日々が続き・・・
それでも続けることでどうすれば食べやすいのかなぜ残すのか食べ方を調べ
具材の大きさなど試行錯誤しながら続けていくと娘たちも慣れ始め
完食する日が増え始め、こはるに異変が起こりました。

今まで以上に皮膚がピンク色になり痒がります。
しかしそれが排毒症状であることを理解していたので焦らずゆっくり対処しました。
排毒症状がなくなるまで2週間程掛かった記憶があります。

排毒症状が治まった頃には体臭もなくなり毛艶もよくなりそして排泄物も
安定して体重の増減も安定しました。

わがやの娘たちのごはんとして体に合っているのは手作り食と判明しました。

そして心臓疾患のぷりんでしたが、お世話になった病院の先生方から一度も
療養食を勧められたことがありません。

心臓疾患療養食の存在は当然私達も知っております。
最初は勧められるものだと思ってました。

先生から「食欲は?」「排泄は?」など当たり前のように毎月の検診で問われました。
ご飯は何を食べてます?って一度だけ聞かれた時に「手作りのおじやです」と答えた時に
「おじやなら水分も摂れますから」と言われました。

心臓疾患療養食に切り替えて食欲が不安定になり薬の摂取ができない事のほうが
心臓疾患にとってはよりダメージが大きいからでしょう。

その子の体に合ったごはんが見つかればそれが一番なんだと思います。


総合栄養食を否定するわけでもなく、手作り食を否定するわけでもありません。
今は手作り食ですが、震災などで避難するときには総合栄養食を使うこともあり得るのです。
上手く使い分けることが大切なんだと思います。

皆さんの大切な家族のために・・・・その子に合ったご飯が見つかりますように。
[PR]
Top▲ | by chie20121211 | 2013-02-05 19:02 | *WanLife
<< 石切さん | ページトップ | 醤油ベースパスタ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin